有限会社 彩美建工

外壁塗装と防水工事ならおまかせください!|愛媛県松山市 彩美建工

HOME»  塗装工事

塗装工事

塗装工事とは

塗装工事とは

 

塗装工事では、雨、雪、水、紫外線等の外的要因から建物を守り、長期的に渡って保護する工事します。
塗装の種類や機能も年々増えており、以前は塗装では出来なかった新しい保護機能や性能があります。

改修の目安
お宅の外壁が現在どういった状況なのか、把握する事が第一です。何年前に塗装を改修したのか、現状どういう状態なのかによって選ぶ工事や塗料も異なってきます。

 

塗装工事とは

 

塗装工事とは

 

塗料の種類について

■アクリル樹脂塗料
用途:自動車用、プレコートメタル用、家庭電器製品用、金属製品・食缶用など

特徴:
外壁塗装に使われる塗料の中で最も安価ですが、軽量で強度も高く、透明なので素材そのものの色をくっき見せることができます。
また、経済的で重ね塗りができるため、短いサイクルで別の色に塗り替えることもできます。
耐用年数は短いと言われており、4~7年で塗り替えが必要です。

 

■ウレタン樹脂塗料
用途:柔らかく高密着性の為、いろいろな材質に塗布できます。特に木材との相性が非常に良いです。

特徴:
5~10年ほど前までは主流だった塗装方法です。
独特の肉厚感と光沢を持ち、硬度と耐候性、耐薬品性と耐油性に優れ、またたわみ性に富むので耐摩耗性が高く、剥がれにくいという特徴があります。

 

■シリコン樹脂塗料
用途:安全性が高く、人体に優しい上に紫外線にも強く、また耐久性にも優れています。

特徴:
下地への付着力が強く、光沢が長持ちし色あせもしにくいです。また、耐水性、耐薬品性、耐油性に優れ、汚れが付きにくく取れやすいという性質もあります。さらに比較的高い耐候性も持ちます。

 

■フッ素塗料
塗料の主成分がフッ素系樹脂の塗料です。寿命が非常に長く、対候性は他の塗料に比べて群を抜いて高くなります。耐熱性・耐寒性に加えて、低摩擦性、不燃性など数多くの機能がありますが、非常に高価格となる為まだ多くは普及していない状況です。対候性を活かして、屋根に塗装される方がメインとなっているようです。

 

■ナノコンポジット
艶消しでありながら、シリコンと同等、もしくはそれ以上の耐久性がある塗料です。 「汚れを雨で洗い流す」セルフクリーニング効果、難燃性等、ナノテクノロジーの画期的な技術に裏打ちされた機能を持つ塗料です。 http://www.toso-nano.com/

 

■光触媒塗装
用途:自然の太陽光と雨だけで綺麗になるという、夢の新技術といえるものです。

特徴:
施工時のコストは高くなりますが、長持ちするので、費用対効果は高いと言えます。
ただ、日光に反応する塗料なので、日陰部分では効果が出にくいデメリットもあります。

 

■断熱塗料
用途:常の塗料の成分に、特殊なセラミックビーズを含ませて、塗った素材の断熱性を高めたものです。

特徴:
建物に熱がこもったり、逆に熱が外へ逃げるのを防ぐために用いられます。
塗料の中にセラミックビーズを大量に含ませ、塗膜をセラミックコーティングすることによって断熱効果を生み出します。そのためわずか0.5mmほどの塗膜で断熱効果を発揮します。
冷暖房費の節減効果も見込めます。

 

■遮熱塗料
用途:屋根や屋上、外壁に塗ることで、太陽光線における赤外線を反射し、温度上昇を抑えます。

特徴:
温度上昇を抑制するので、冷房効果を高めて節電効果が見込めます。
断熱塗料とは違い、保温・断熱効果はありません。